ご挨拶

「令和を創造する
InnovateとConnectを実践する」

 2019~2020年度の国際ロータリー会長、マーク.ダニエル.マローニー氏はより強いロータリーを築くためのビジョン “Rotary Connects the World”「ロータリーは世界をつなぐ」を発表し、地域社会とのつながりを広げるために革新的な会員モデルを導入していくことを呼びかけました。

「最初の協調事項はロータリーを成長させることです。私達の奉仕活動やプロジェクトのインパクトを成長させること。また、最も重要なのは、これからより多くのことを達成するために、会員を増やすこと」と述べ、ロータリーでの経験の中核にあるのは「つながり」であると強調されております。

 近年のRI会長方針はロータリーの奉仕活動を通して地域社会とのつながり、ロータリアン個人の成長に加え、組織、クラブの変革を求めているように思われます。我々小田原北ロータリークラブは2017~2018年度で大きなクラブ変革への一歩を踏み出しました。3年目の今年は55周年を迎える次年度での完結を目指してその基礎を完成させ、マニュアル化に力を注ぎます。

 元号の新たにあたり、会員が充実したロータリーライフを送れるクラブにする為に「令和を創造する Innovate と Connect を実践する」活動を行って参りたいと思います。

2019-2020年度 小田原北ロータリークラブ会長 前川 和彦
2019-2020年度
小田原北ロータリークラブ会長
前川 和彦